蓮花[Hasuhana]blog

日常に溢れる真理。

誰かのためにではなく、まず自分のために生きる。

誰かが喜ぶからと

行動すると…

 

相手が喜びの表現や

感謝をしなかった時

 

私はこんなことをしてあげたのに

こんなに頑張ってるのに、

こんなに尽くしているのに、

と恨み節が出る。

 

自己犠牲の上でやっているため

見返りを求めてしまうのだ。

 

本当に何の見返りも求めず、

自己犠牲ではなく、

ただしたかっただけ、

愛だけの行動であったなら

決して出てこないもの。

 

 

例えば

これはあの人にきっと似合う♪と

プレゼントをしたり、

 

あの人の好物だったよね♪と

手土産を持って行ったり

贈り物したり

 

ただしたいから  したのなら、

渡して完了となる。

 

それ以上も以下もなく、

万が一お礼の連絡がなかったとしても

腹をたてることはあり得ないのだ。

 

なぜなら

自分がしたいと思った事を“ただ”した。

行動したことで完了しているからである。

 

ありがちなパターンとして

彼氏が相手なら

かいがいしく料理をしたり、

お化粧やお洒落をする。

 

彼を喜ばせたいから料理をする

彼にもっと好かれたいからお化粧する

彼に可愛いと思われたいからお洒落するだと

 

美味しいと言ってもらえないと

口に合わなかったのかな?とか、

せっかく頑張って作ったんだから、ありがとうとか、美味しいとか言わないの?となり、

 

お化粧やファッションも、可愛いと言ってもらえないけど、好みじゃないのかな?これじゃダメなのかな?他の子の方が可愛いって思ってる?となる。

 

これらはすべて

承認欲求を自分以外の誰かに

満たしてもらうための行動。

  

その誰かが望んだ通りの反応をしてくれなければ不安や不満を生み、相手を攻撃するか、自分の何がいけなかったのかと自己否定に走る。

 

そして

もっと喜んでもらうために

もっと好きになってもらうために

 「自分ではない自分」になろうとする。

 

その行動は 本当の自分から遠ざけることになってしまう。

 

誰かの役に立ちたいという想いは、

魂が持っている根源的なものであるため、本来なら自然な事ではあるものの、

 

「誰かのため」で起こす行動はエゴを満たすためであり、結局のところ自分の饑餓感を満たすために相手を利用しているに過ぎない。

 

誰かを満たすではなく、

まずは自分を満たすこと。

 

「〜してはならない」「〜ねばらない」の思考の枠に氣づき認め解放し、根底にある欲求に寄り添った行動をする。

  

満たされていない自分を誤魔化し、

誰かに奉仕することで余裕のある素敵な自分を演出しない。

 

満たされていない事実から目をそらしている限り、その無限ループからは永遠に抜けられないのだから。

 

すべての人類において例外なく、

自分を満たせるのは自分だけであり、

目の前の世界を変えたければ

内側に目を向けるしかない。

 

世界の恵まれない子どもたちを何とかしたいのは、放置されてきた自分の魂が自分にSOSを発信しているから。

 

自分を満たさずして誰かを救おうとするのは、大きな重りを持って溺れている人を助けに海に入り、一緒に溺れる(共依存)のと同じこと。

 

本当に誰かの役に立ちたいのなら、

自分の内側に集中すること。

 

自分の内側が満たされ溢れてはじめて

他者はその豊かさに触れることができるのだ。