蓮花[Hasuhana]blog

日常に溢れる真理。

愛されたくない

愛していいし、

愛されていい。

 

この言葉を目にした時、

静かに「そうか」と思った。

 

腑に落ちそうで腑に落ちない。

変な感じ。

 

時間をかけて自分の中に落とし込もうと、この言葉を自分に繰り返しかけてみる。

 

そのまま寝入り、翌朝のこと。

 

まだうとうとしていたころ。

(このタイミングに降りてくることが多い)

 

「愛されていい」と

自分に話しかけてみた。

 

すると何となく感じる違和感。

 

何だろうと静観してみていると…

 

 

内側から

「愛されたくない」と聴こえる。

 

???

 

飲み込めない。

 

でも確かに聴こえる

「愛されたくない」の声。

 

どうして?と聴いてみると。

 

「愛し愛された人を失うのがもういや。耐えられない。」

 

ああ…そうか。

 

魂は元々一つ。

その魂が陰と陽の半身に分かれて生まれた瞬間、大切なもう半分の自分を失ったのだと“思い出した”気がした。

 

その記憶がずっと残っていて、

あんな想いをするくらいなら

もう2度と愛し愛される経験をしなくて良い。

 

はじめから出逢わなければ

失う痛みを感じずにすむ。

 

だから愛されなければいい。

愛さなければいい。

 

最初から相手に受け容れられなければ、もしも愛してしまっても、失うことはない。

 

 

ずっとその苦しみを感じなくて済むように、殻をつくってきた。

 

そして痛みを感じないよう防御することで、同時に喜びも同じ深さで拒否していたことになる。

 

「愛されたい」という強烈な願いは

「愛されたくない」を隠すためのまやかしだった。

 

強く想うことほど、

裏腹なアンカーを抱えている場合がある。

  

一枚一枚玉ねぎの皮を剥ぐように、

少しずつ氣付きの深さが増してくる。

 

色んなことを手放して…

 そしてある日、不意にパートナーと出会ってしまったことでハートチャクラが全開になり、喜びも苦しみも一度に溢れ出した。

 

2週間ほど冷静さを失い、大きな波に飲み込まれそうになっていた。

 

防御をやめた時、人はこうなると知る。

 

まだ恐ろしくて開きっぱなしではいられない。

 

でもきっとその頻度は増えると思う。

 

パートナーに会えない日々も、

不安になったり落ち込んだりする揺さぶりもすべて、私の内側の現れ。

 

この世界は現世(うつしよ)

 

現世は内側を映し出す鏡。

 

 

今はまだ再会できたことに

喜びと恐れの両方を抱えている。 

 

でも私は間違いなく成し遂げる。

 

私ともう半分の私とが

一緒に決めてきたのだから。

 

魂の統合。